profile

ご訪問くださりありがとうございます。

サクソフォーン奏者
アレクサンダー・テクニーク教師

Music Body Making主催
日本アレクサンダーテクニーク協会会員
ZEN PLACE 講師(池袋スタジオ)



伊藤 緑 midoriitou

略歴

幼少期から音楽に興味を持ち、8歳からピアノ10歳からトランペットを始め、14歳からサクソフォンに転向し専門的に学びはじめました。
消防音楽隊入隊・退職後、愛好家時代を過ごし、30歳で音楽大学入学を経て、音楽コンクールで1位受賞を果たすなど異色のタイプです。大人になってからチャレンジを繰り返し成果を出してきました。

年齢を重ねていくと体力的な問題も悩み始め、世界三大ボディワークと言われるアレクサンダー・テクニークに出会い、その専門性に惹かれ教師になることを決意しました。

2017年アレクサンダー・テクニーク教師養成校BODYCHANCEに入学をし、2022年すべての課題とトレーニングを終え、有資格者となることができました。
既に、Music Body Making アレクサンダーテクニークという教室を開き、生徒さんと一緒に学びを深めています。

ーーー
サクソフォンを、石渡悠史、冨岡和男、彦坂眞一郎、田中靖人各氏に師事。
アレクサンダー・テクニークを、ジェレミー・チャンス、キャシー・マデン、サラ・バーカー、トミー・トンプソン、グレッグ・ホールダウェイなどの海外教師をはじめ、BODYCHANCE所属の日本人教師陣より手厚い指導により学ぶ。

賞歴

第9回 横浜国際音楽コンクール部門 第1位
第8回 横浜国際音楽コンクール部門 審査員奨励賞
第17回 “長江杯”国際音楽コンクール 第4位
第15回 “万里の長城杯”国際音楽コンクール優秀賞

120%の自分で演奏したいを叶える

私はとても遠回りをして、やりたかったことをチョットずつ叶えたような形ではありますが、私自身がとてもカラダについての悩みや、ココロの悩みも多く抱えていました。
自分自身の問題について「そもそもそれってなんだろう?」という疑問も沢山ありました。

特に演奏時の呼吸については「うまくいっていない」という自覚があって、良いときもあるけれど、息の通りが苦しく感じてしまったり、良い悪いの差が激しくとても困りました。
そしてバセドウ病であることが判明し、当時は演奏しようとすると震えがでてしまってマウスピースが口の中で暴れてしまう、何度もスランプのような状態になってしまうなども起きていました。
そのような中でコンクールにチャレンジしていたのです。

実際に目指す演奏の目標はあったとしても、思い通りにいきにくい。
なかなか自分のことが分かりにくい。
そして、「本当はもっと演奏をやりやすくする方法があるのではないか?」と探していたのです。
そこでアレクサンダーテクニークの情報に出会い、レッスンを受けてみることにしたのです。

震えの制御が難しかったり、それによる恐怖心なども沢山ありましたが、だいぶ緩和されて演奏も随分と変わることができました。苦労してどうにかやっていたことが、苦労から距離を置いてしっかり納得しながら取り組むことができるようになったし、何よりもカラダの辛さが減ったおかげで毎日も過ごしやすくなったのです。

無茶や無理をして、力ずくでどうにかできないかと必死なことが多かったのですが、我慢や忍耐などの強引な励ましではなく、前に進んでいけるように。カラダやココロのことも一緒に学べるように、いつも生徒さんとアレクサンダー・テクニークのレッスンでご一緒させていただいています。

その他レッスンのご紹介などは、こちらのHP内の各ページなどをご覧ください。

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。